5月14日(土)13:00- 

和光小学校にて

世田谷区桜2−18−18

昨年の安保関連法制の成立、

首相自ら改憲の議論がもちあがり 戦後大切にしてきた平和主義の根幹がゆらごうとしている今。

世田谷の地でおとなとこどもが共に楽しみながら 平和をつくるいしずえとなる会を開きます。

 

日本の人形劇団の草分け的存在、人形劇団プークが世田谷にやってきます!!

 

劇団創立87周年をむかえる人形劇団プーク。

前大戦中には政府より活動に制約を受けたこともありながら強い信念のもと

「すべての人びとの平和と幸せのために」公演を続け、長年人々に愛され続けてています。

 

芸術表現というものは、平和であるからこそ、自由な翼を広げられるもの。

人形劇もそのひとつ。あたたかで、幸せな人形劇を通じて、子どもも大人も豊かな創造力を!

親子で楽しめる、人形劇という芸術体験を、是非、この機会に。

 

感性豊かな人形劇を楽しみ こころを耕した後に

その創作にたずさわる方と

憲法の専門家から

平和をはぐくむためのお話をうかがいます。

和光世田谷九条の会 My Words for PEACE 共催

宮沢賢治原作「霧と風からきいたおはなし」
「うかれバイオリン」
その音色に誰でも踊りだしてしまうという不思議なバイオリンを手に入れた少年トムは、大金持ちの地主の家にやってきました。さてさて、何がおきるやら・・・。